2017年09月25日

美瑛センチュリーライド 2017編

皆様

数日間お店を休業にしてしまいまして、お客様には大変
ご迷惑をお掛け致しました事をまずお詫び申し上げます。

今年も僭越ながら、美瑛センチュリーライドにゲストライダー
として参加をさせて頂きました。
いつもいつも、私の様な者にゲストライダーとしての役割を下さる
美瑛町の方々、暖かくフレンドリーに迎えて下さる参加者の皆様
には感謝の気持ちでいっぱいです。

飛行機で輪行して帰って来た今、いつもの様に余韻から抜け出せずに
ブログを書いていますが、あ〜・・・今回もおじさんの筋肉痛の様に、
今日よりも明日明後日のロス感のほうが強くなるのではないだろうか
と・・・思っている訳です。

前置きはさておき、今年の美瑛センチュリーライドも、素晴らしい
開催コンディションの中、2日間に渡り参加者の方々には楽しんで
頂けたのではないかと思います。
先週の台風直撃なども有りましたが、開催日となった9月23日〜24日は
寒くも暑くもない素晴らしい天候に恵まれ、美瑛の大地の景観を堪能
しながら、とても印象深い、体も脳も大いに刺激されるライドイベント
となりました。

IMG_0577.JPG

コースは土曜日に約60q、日曜日に約100qと、合計160qの道程を、
参加者それぞれのペースで楽しみながらサイクリングするロングライド
イベント(1日目25q・2日目30qのコースも有り)となる訳ですが、
この距離を侮るなかれ、美瑛の景観に圧倒され続けて走る事になるこの
距離は、無数のビュースポットで見事に立ち止まろうと言う気持ちになる
為に、なかなか前に進めない困ったコースなのです。

私もここ数年、続けてこのイベントを走っていますが、基本的には同じ
コース(と言っても少しづつコースはモディファイとされていますが)の
筈なのですが、いつも同じ景色に見えない、何とも不思議なコースだと
思います。

IMG_0582.JPG

空の晴れ具合、雲の量、時間による太陽光の角度や量、風、気温等の微妙
な違いが在るからなのでしょうか? いつも新鮮で、感動を覚える飽きな
いコースだと言う事は、私だけでなく、毎年参加されている参加者の方々
からも同じ意見を聞きました。

IMG_0596.JPG

IMG_0595.JPG

イベントとしても、今年は例年にも増してゲストライダーが多く、かつ豪華
なメンバーが集結しまして、俺、この人たちの中に居ていいのか?と・・・・

パールイズミさんからは、お馴染みマスターズ世界チャンピオンの丸山繁一
さん、自転車普及協会の栗村修さん、やまめ工房の堂城賢さん、宇都宮
ブリッツェンからは柿沼社長とブリッツェンフェアリーのMihoさんとAoiさん、
ちゃりん娘からは浦田歩さん、松本奈々さん、相川沙季さん、詰田朱梨さんの
4人・・・・どうですか。
この普通な私が居る事の違和感が半端じゃないです・・・・

しかしながら、本当に沢山の一般参加者の方々から暖かく迎えて頂きまして、
感謝の気持ちと、様々な自転車好きな方々とお話をする事が出来て、なんだか
幸せな気持ちでいっぱいなのです。
勿論、参加者同士での交流も、こう言ったイベントならではの物が、沢山ある
ようです。
「こんちは!今年も会いましたねー!」とか「晴れてよかったねー!」だとか、
「その靴カッコいいですね!」だとか、何か明らかに同じグループではない、
たまたま近くにいた人達同士が、居酒屋の様にペチャクチャ話をしながら走って
いる光景が、何とも微笑ましいいい雰囲気なのです。

さて今大会、私を除いて豪華な顔ぶれのゲストの中に、ひときわ目立つゲストが
登場しました。
数年前までTeam Nippoで走り、Ceramica PANARIA等、数々の有名チームを経て
プロキャリア16年を誇るFortunato Balianiさん。ご存知の方も多いでしょう。

彼は引退後の現在、自身出身の中部イタリアはウンブリア州でホテル経営を
されているそうで、今回の来日のきっかけも、美瑛町の関係者の方が彼のホテル
にたまたま宿泊した事がきっかけだったと聞きました。

21981923_1630067533731033_403525992_o.jpg

引退して2年、仕事の合間を使って、今でも自転車に乗る事が大好きだそうで、
ホテルに来るサイクルツーリストと一緒に走り、ウンブリアのツーリングの
アテンドをする事もあるのだとか。

そんな彼が、今回のコースを参加者と一緒に走ってくれた事は、実は物凄い
貴重で贅沢な事と言えたでしょう。
大勢の一般参加者の方が、バリアーニさんとお話をされたり、交流を持って
頂けた様で、コミュニケーションのお手伝いをさせて頂いた私も嬉しかった
です。
本人によれば、この美瑛センチュリーライドの様なコンペティションではない
事の意味があるイベントは、現在のイタリアのイベントにはあまりなく、逆に
教えられた気分だと話していました。

IMG_0610.JPG

車のあまり来ない、農道やそれに近い道路を主に使い、ヨーロッパの田舎道と
似て異なる道の雰囲気・・・・
時間帯や進む方向によって、光の加減で様々な色を見せる広大な丘をいくつも
超え、頂上に達する度に眼下にワッと広がる美しい景色に心を奪われ、風と
一緒に坂を下り、土の匂いが漂う中、一緒に走る人達と感動を共有しながら
走れる事は、日常生活ではなかなか得る事の出来ない物だと思います。

IMG_0612.JPG

IMG_0613.JPG

IMG_0617.JPG

毎年来させて頂くこのイベント、最近は、忘れていた感覚を取りに帰るイベント
の様にも感じています。

興奮冷めやらぬで取り留めもない内容ですが、筆不精な私がここまで伝えたい
と思いながら書きました。

来年の美瑛センチュリーライド、皆様も一度如何ですか?

店主






posted by 永井 at 22:42| 日記