2015年09月22日

2015美瑛センチュリーライド

今年も行ってきました美瑛センチュリーライド!

昨年はサポートメカニックとしての参加でしたが、今年は走って参りました。

先週から天気予報を気にしだして、毎日祈るような気持ちで当日を待ちましたが、
天は味方せず、2日間とも雨の日が当たってしまいました。
一昨年と昨年のあの青空を心待ちにしていたので、正直残念な気持ちは大きかった
です・・・・・スタートするまでは。

12043922_988993321218824_1412693714_o.jpg

考えてみれば、雨の中を長時間走る事など最近はなかったものですから、色々
思い出しましたね。雨のレース、ロードワークでの感覚。

スタートしてからは当然寒さとの戦いでしたが、最初の丘を登りきる頃には体も
温まり、走る事の楽しさが増してきました。
雨ならではの美瑛の景色、土の匂い、参加者との交流、やはりどれをとっても
良かったです。

025.JPG

今回私はなんと、ゲストライダーという非常に勿体のない役割で参加をさせて
頂きました。
選手でも何でも無いこのような私に、役割を与えて下さる美瑛町には本当に感謝
です。招待して頂かなくても自腹で参加しますって。

私がこの大会が大好きなのは幾つか理由があります。
一つは、当然の事ながらあの雄大な景色でしょう。今回は雨でしたが、雨なら雨
の日でしか見られない、素晴らしい景観があった事は言うまでもありません。
何と言うんですかね・・ 都内で生活しているものですから、そういう物に飢えて
いるのかも知れません。しかし、なんか刺激的なんですよね。
何でしょうね、あの景色と匂い、土の色、空の色。
走って行く内に、体の中で何かが満たされていくような感覚になるんです。

020.JPG

走行中に、隣でお話をしながら走った参加者の一人の方が言っていましたが、ゴールが
近づくにつれて、なんか寂しい気持ちになる大会だと言われていました。
これはネガティブな意味ではなく、このコースを走っていると、ゴールして終わって
しまうのが嫌になるんです。
特に2日目の後半、「あと10qでゴールしてしまうのか・・・」こう思うのです。

今年も私はその様に思いました。

雨の中なのにですよ。

もう一つは参加される方々と、走りながらゆっくりお喋りをしたり出来ると言う事。
この大会は、エイドステーションで必ず止まる必要がありますが、ゴールまでの
制限時間が比較的ゆるく採られています。
このエイドでの休憩タイムで、早くスタートしたり、逆に遅くスタートしたり自由に
調節ができる為、違う色んなグループの方々と一緒に走るシャッフルが出来ます。

008.JPG

安全なところで隣を走る方と、「何処からいらしたんですか?」なんて話をしながら、
様々な参加者の方々と交流が出来る事は、この大会の楽しみの中の大きな一つです。

今回こんな事がありました。
無人販売のトマトを買って食べようとしたのですが、200円で皿に山積みの量でしたので、
たまたま通りかかった人達とシェアして皆で食べました。

007.JPG

こう言うのなんか良くないですか?

前回もそうでしたが、ブログで紹介しようとすると、とても長くなってしまうんですよね。

書ききれない楽しさがある事を解っていただければと思います。

11840263_988993511218805_21625959_o.jpg

021.JPG

12025915_988993674552122_648530129_o.jpg

当然ですが、来年もまた参加させて頂く予定です。
皆様も是非如何ですか?
台風直撃でもない限り、楽しめると思いますよ!

店主


posted by 永井 at 21:34| 日記